ジムのブログは『 ジム 海外自転車旅 』で検索すれば探せます。 (国名地名を添えればなお確実)
「ジムの海外自転車旅」全ブログの目次ページへはここをクリックするとリンクします。

2014年08月26日

【2014/08/27】iPhone4SのSIMフリー化と格安SIMの導入

概要)(同題2004/4/22ブログ内容は消化不良でした。本ページをご参考ください。)
手持ちiPhone4Sに@「下駄」を履かせSIMフリー化することにより、A格安SIMを載せモバイル通信及びデータ通信が可能となったので、その経緯を報告します。この結果、電話番号を維持しながらソフトバンクを解約し、NTT DOCOMO回線を利用する格安電話に乗り換えることが出来、データ通信も従前どおり利用することが出来るようになりました。もちろん海外で現地SIMを購入、格安SIMを挿し替えれば現地電話回線の中で電話、データ通信できることとなります。

1)iPhone4S用「下駄」の選択
…いくつかあるSIMロック解除の方法のうち「下駄」を用いるのが安価で簡便です(小龍茶館記事)
コピー品を含め類似商品がいくつかあるのですが小龍氏自身が開発にたずさわった「キングモバイル社『スマートキング』ソフトバンクiPhone4S用」を選択しました。(1,680円)

中上から:復元&アクティベートSIMカード、「下駄」SIM、SIMトレイ、一番右はSIM取出しピン
smartking2.jpg
SIMトレイに「下駄」SIMを載せ、その上に目的SIMを重ねてiPhone4Sに差し込みます。
58495103_o3.jpg
2)格安SIMの選択
…「下駄」利用の直接動機は「海外でiPhone4Sに現地SIMを載せ、安価にデータ通信を行うこと」でした。しかし、国内でも「下駄」に「格安SIM」を載せれば安価に通信することが可能です。それが「音声通話」に対応していれば電話も可能です。ソフトバンクへの高い支払いが不要となります。
…したがって自分の場合「音声通話付き」(紹介記事はここ)が条件。そこで選んだのがビックカメラを通じて販売している「BIC SIM ライトスタートプラン」パック
…即ち、  パック購入費用 :2,990円
●音声通話及びSMS付き、データ通信2GB/月で月額 :2,220円
(ビックカメラ販売品なら「インターネットサービス W2 300」の利用が無料)
●通信サービス会社:IIJmio
●利用回線 :NTT Docomo
…SIMそのものは、上記パック記載の登録手続き完了後、IIJmioより送付されてきます。

3)事前手続き、等
@携帯電話番号移行(MNP)手続き:「MNP予約番号」を携帯ホームページ「マイソフトバンク」にアクセスして入手。
AiPhone4S内データの保全:連絡先、写真、ダウンロードソフト等をPCにバックアップ。「下駄」切替時の「万が一」対策。(結果的に全データ、無事でした。但しソフトバンクアドレスで受信のメール、通信データは一部消滅)。
B電波強度(アンテナピクト)の数値化:ソフトバンク解約と同時に画面左上に表示されている電波強度表示(5本アンテナ)が消滅する。これをあらかじめ数値表示としておけば解約しても強度を数値確認出来る。(参照情報
CIIJmio登録:BIC SIMパック記載手順でIIJmio所定のネットページより登録。MNP移転する電話番号も。

4)格安SIM到着後の作業
@IIJmioSIMの受領:上記「登録」の翌日、宅急便で送付されてきました。
3769EF1E-BC47-4E0E-83A4-584C5E6D183A.jpg
四角いカードのピンク丸の中で金色に光っているのが「格安SIM」です。その右下は「下駄」等。その右下は「下駄」他。上は取扱説明書。

Aソフトバンクの解約:サービスセンターに電話。「溜まったポイントが無くなります」とか「格安は通信速度が遅いです」とか「解約で計11,500円請求します」とかイヤミ口上あり。(請求内訳はMNP転出料2,000円+2年契約解除料9,500円。解除料は「二年毎の契約更新月のみ無料だがその後は一律9,500円課金する」というミョウチクリンな契約によるものでした。)

5)「下駄」利用の開始
@「下駄」+「格安SIM」の装てんと設定:キングモバイル社ホームページ)説明に準拠し、最初に「下駄+復元SIM」、続いて「下駄+格安SIM」に差し替えて完了。
AAPN設定:自分の場合データ通信を利用するので、上記同様ホームページ説明に準拠し、APN情報を入力してインストール。(APN情報はIIJmioの取説記載、ネットでも公開してます)。これで出来上がり。
iPhone4S「設定>一般>情報」画面は、以下となりました。

16380C1F-A4A9-4D08-B10A-41A38D9EF6BB.png

6)トラブル等
…ネットに、自分と同じ組み合わせで使用したブログがあり、「明くる日には電話が通じなくなった」との書込み。もしや、と心配していたが、利用一週間を経た現在も異常は無い。
…立上げ時、一時「装着のSIMは本機に登録されてないものです」という意味のメッセージ。取説に従い「ホーム画面から設定→一般→リセットでネットワーク設定をリセット」操作で解消。
…その他、諸トラブルへの対応にはアマゾンのカスタマーレビューのページが役立ちそう。
…IIJmio乗換えでLTE(高速回線)が利用できると思っていたがiPhone4Sの仕様で3Gが限界。

7)その他
…投資効果
●初期投資額=下駄(1,680円)+格安SIM(2,990円)+ソフトバンク解約(11,500円)=15,170円
●月額差益 =ソフトバンク支払い(6,000/月)−IIJmio支払い(2,220円/月)=3,780円/月
●投資回収期間=15,170円÷3,780円/月=4ヶ月
即ち5ヵ月目以降、月当たり4,000円近い支出削減、となる。
…ソフトバンク契約時は「データ通信無制限(パケットし放題)」であったが、今回は上限2GB。しかしこれまでのパケット利用はせいぜい1GB。問題ないと思うし、不足時は追加クーポンが利用できる。
…ソフトバンクiPhone4Sはデフォルトでテザリングがロックされている。SIMフリーとすればこれを外せるとの情報があり、それが次の課題。
…この状態でiPhone4Sを数年利用し、その後、進化したタブレット等への移行を考えたい。
以上
【関連する記事】
posted by 自転車放浪人ジム at 16:44| Comment(3) | 携帯&通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

アドリア輪行まとめ(その2:「その他の項目」総括)【2014/08/25】

概要)前ページでは全体像につき「総括」しましたが、ここでは携行品、言語など、その他項目に言及します。

1)持ち物
大丸1無くても良かったもの
@キャンプセット:天候不順でキャンプ出来ず。キャンプ地も少なめ。上掛け利用の寝袋以外出番なし。
Aミニキーボード:当初iPhoneからブログアップする積りだったが、PC携行となり不要となった。
B犬避け発信器Dazzer:危険を感ずる野良犬との遭遇なし。家付きの大型犬を相手にサンプルテストしたが、距離4〜5m程度では効果が無かった。
C日焼け止め:曇りがちで顔面日焼けも軽く、出番なし。(腕はアームカバー、脚は長レーパン着用で日焼けせず。)
D特殊薬、他:顎関節症は発症せず「痛み止め」不使用。「半月板損傷」後遺症無くサポーター、湿布薬使用せず。
E耳かき:準備してたものが旅早々に壊れた。その後、無くとも必要を感じなかった。
F「イタリア語単語帳」:旅中も学習する積りで持参した。しかし意欲が湧かずページを繰らずじまい。単語調べはiPhoneインストールの辞書で間に合った。

大丸1次回は携行を考慮すべきもの
@携帯電話:iPhoneをSIMフリーとし、現地SIMを挿せばWiFiが無い環境でも安価に通信可能。
A自転車鍵:軽量の細いロープ錠を持参。現地の保安環境を見ると太い錠が必要。

大丸1あれば良かったもの
@電気かみそり:軽量化のため持参しなかったが、軽便剃刀は面倒くさく毎朝が苦痛。
A腕時計:時間はiPhoneやGPSで確認出来るので携行しなかったが、確認頻度が高く必要を感じた。
Bサランラップ:食料品中程度の大きさのもの。(現地調達が面倒)
C丈夫な箸:割り箸レベルのものは折れる。箸じゃないと摘めぬ食料もあり必携。中華レストランや食材店で入手出来るが今回ルートには殆んど無く、折れた箸で不自由した。

大丸1持参して助かったもの(特記)
@PC:iPhone4S画面はやはり小さすぎ。
Aダウン、ヒートテックももひき:ヨーロッパの初夏、早朝は寒い。またYHの上掛けが薄く日本人には寒すぎる。
Bビニール布製買い物袋:走行途中での買い物を入れることがあり、荷台に縛りつけられる丈夫な袋。スーパーのビニール袋は弱く破れる。
Cスーツケースベルト:荷台荷物固定に使用。幅が広く安全で安定した固定が可能。ゴムひもより信頼性が高い。
Dスコッチテープ、結束バンド:何れも緊急補修、固定用。(テープは最初の宿からの頂戴品)。

2)言語
大丸1イタリア語
…集中学習したとはいえ、高々数ヶ月では日常会話レベルへの到達はムリ。
…二年前までのスペイン語(イタリア語の親戚)学習の下地が幸いしたせいか、相手の言うことはいくらか理解できた。
…事前学習で採用のNHK「イタリア語単語帳」が自分に合った教材だったと思う。

大丸1英語、そして今後の外国語学習
…ネイティブの早い英語や少しでも込み入った言い回しにはついていけなくなった。
…簡単な単語が口に出ず、会話が途切れる場面が頻繁となった。以前なら会話しているうちにいつか英会話頭脳回路に切り替り、単語が自然発生したように思う。そのスイッチが入らない。
…普段の日本語でも「アレ」「ソレ」が多くなっているのでやむを得ない老化現象であろうが、なんともやるせない。

…とはいえ、更なる老化防止には外国語学習が抜群の効果を持っていると考えている。以下を課題に今後もこれまでの学習体勢を継続する。
★主体はスペイン語:「日常会話レベル」に到達したい
★補助的にイタリア語:「今までレベル」の維持
★必要に応じ時々英語:「現在状態」からの転落阻止


3)通信
…今旅では「下駄」を履かせSIMフリーとしたiPhone4Sに、現地(イタリア)で購入したSIMを載せてデータ通信、電話交信する計画であった。
…しかし、殆んどの宿にはWiFi環境が整っており、込み入った通信連絡は宿からインターネットへの接続で不自由なし。また、移動中の電話も予備に持参した携帯から安価で交信出来、あえてSIMを購入する必要を感ぜず、購入を見送った。
…また、「下駄」の使用はいささかの危険も伴う(ネット情報)こともあり実行には消極的となっていた。

…帰国後、iPhoneのSIMフリー化の必要を強く感じ、改めて「下駄」使用を試みたところ問題なくうまくいった。(次ページで報告)。次回以降はiPhone「現地SIM」通信を前提としたい。

4)GPS搭載地図
…GPSには事前検討(2014/1/29)の結果、「OpenStreetMap自転車版」(OSM)が適当と判断し、ガーミン社地図をこれに差し替えた。
…本地図はホテル・キャンプ地などの周囲情報が豊富で詳細度も高く、旧ユーゴなど、ガーミン社地図がカバーしていない地域もカバーされている、という利点があった。
…一方実際に利用するとその容量の大きさが災いし、アップロードに時間がかかり、二股路や交差点など、瞬時の方向判断が必要な場所での画面移動が遅く、判断に追随出来ない難点があることがわかった。また、もとより都会の道路標示がミミズが這ったように太く、非常に見づらいという問題もあった。
…それでも、情報の多さに惹かれ使用し続けていたが、旅の終盤に至り画面がフリーズする現象が発生。当初GPS本体起因の現象と考えていたが、最終的に搭載地図の容量の大きさが原因であることが分かった。ガーミン社地図に差し戻して問題解消。
…旧モデルとなった現ガーミンGPS60Sxを使用し続けるか、目先を変えAmenbohhさん採用のナビ用GPSに変え情報量の多い地図を利用できるようにするかが、今後の検討課題となる。

5)「年金生活者」のキャッシング
…旅行中、現金確保の主要手段であったキャッシング(楽天クレジットカード)が停止された。理由は「年金生活者」は「無職」に該当し返済能力が無い、とするもの。
…幸い既に旅も終盤で手持ち現金もあり、万が一には銀行カード(CITIバンク)で現金を確保することが可能であったから実害はなかった。しかし現金確保の支柱一本が外れることとなり、問題は大きい。
…帰国後、カード会社にキャッシング停止の理由を正し、再審査を要請。結果、再度カードキャッシングが可能となった。

6)破損携行品の保険補償
…今旅では豪雨時、持参のデジカメを破損、作動不能となった。このデジカメは2年前のイベリア旅行時、その前のカメラをスペインで壊したため現地で代替購入したもの。
…もともとの購入価格が安く使い捨て感覚で単純に買い換える積りでいた。一方、上記クレジットカードには「海外旅行携行品保険」が付帯。今後の勉強のため保険申請してみることとした。
…結果、購入価格79ユーロ(時価\8,500)に対し経年減価10%の計算で3,800円の保証。(メーカーの修理見積り、保険会社書式を送付し、ほぼ一週間後に決済)。
…たいした額ではないといえ、旅行時の宿一泊分相当。やってはみるものですネ。(なお、その前に壊したカメラは時間が経ちすぎ、保証対象外。)
posted by 自転車放浪人ジム at 18:15| Comment(0) | アドリアまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

アドリア輪行まとめ(その1「全体総括」)【2014/08/23】

帰国より早2ヶ月経過しました。忙しかった家庭行事が一段落し、生活も体重もすっかり元に戻りました。記憶が薄れぬうちに「総括」いたします。

概要)
2014年4月中旬、アドリア海を囲む諸外国を自転車旅行。2ヵ月半、主に海岸沿いルートを時計回りに走り、6月下旬、無事起点地ミラノ到着、帰国。
バス・電車輪行を多用したが、ルートのアップダウンは予想通りで、これにアドリア海東岸地域での天候不順が加わり、シニアの自分にはやや苦戦の旅となった。
時間に余裕を持たせた日程で、アドリア海、地中海など海を中心とした風物、イタリアの中世都市、建造物などの観光は予定通り楽しむことができた。
ユーロが高止まり(143円/ユーロ)しており、ユースホステルを主な宿所とするなど精一杯出費を抑えた。


1)各種データ
大丸1期間:75日間 (2014/4/10〜6/23 74泊)

大丸1訪問国・主な訪問都市
−韓国:1日(ソウル)
−イタリア:42日(ミラノ・ベネチア・ナポリ・ローマ・フィレンツェ・ジェノバ)
−スロベニア:2日(リュブリヤナ)
−クロアチア:9日(ザグレブ・スプリト・ドゥブロヴニク)
−モンテネグロ:4日(コトル・バール)
−アルバニア:9日(シュコダル・テイラナ・ベラット・ジロカスタル)
−ギリシャ :8日(イオアニア・カランバカ・アテネ)

大丸1自転車データ
−総走行距離:2,224km
−稼動日(%):55%(1日10km以上走行日)
−平均走行距離:53km/日(稼動日平均)
−平均時速:14.4km/hr(稼動日の単純平均)

大丸1天候:
−総合:晴66%、曇り20%、雨14%
@北イタリア(4/11〜4/20):晴80%(雨なし)
Aスロベニア(4/21〜4/22):晴 0%(雨なし)
Bクロアチア(4/23〜5/01):晴22%(雨44%)
Cモンテネグロ(5/2〜5/05):晴50%(雨25%)
Dアルバニア(5/06〜5/14):晴78%(雨11%)
Eギリシャ (5/15〜5/22):晴57%(雨14%)
F中イタリア(5/22〜6/21):晴74%(雨10%)
−風向:アドリア海東部沿岸および北イタリアでやや強い向い風となったが、概ね良好であった。

大丸1宿泊データ
−宿所
*ホテルorB&B:23泊
*ホステル   :49泊(66%)
*フェリー   :1泊
*キャンプ   :0日
*機内     :1泊

大丸1経費等
−為替:期間平均143円/ユーロ
内訳)
@交通費:185,930円
……国内JR&宅配      : 16,780円
……航空機(含、自転車搬送):131,750円(航空運賃104,610円)
……現地バス電車      : 29,600円
……フェリー(ギリシャ〜イタリア) :  7,800円
A宿泊費 :平均2,800円/泊
B日常経費:平均1,400円/日

−経費の手当て
@クレジットカード処理:66.6%
A現地キャッシング  :33.4%
B手持ち現金支出   :0

2)所期もくろみの達成状況
大丸1時期:4月以降なら安定した「初夏の地中海気候」が望めると思っていた。が、アドリア海東沿岸の4月後半〜5月は日中でも気温も20℃以下と低く、天候はまだ安定しない。もう一ヶ月先延ばしの日程ならば改善したのかもしれない。(但し後続時期は猛暑とハイシーズン[バカンス]に被ることとなる。日の長さを犠牲にし、秋口計画のほうがよりましかもしれない。)

大丸1行程と障害
−期間:目論見を上回る10日以上の余裕日が発生(アルバニア都市、ローマ、ミラノの長期滞在は「余裕日」)。結果的には2ヶ月以内でも十分走行可能な行程であった。
@アルバニアなど、アドリア東海岸諸国は輪行環境など自転車関連の事前情報が少なく、当初から十分な余裕日程を織り込んでいた。結果的に速やかな移動が達成され、そのまま余裕日となった。
A訪問&宿泊予定の省略や輪行に切り替えての行程期間短縮で更に余裕日が発生した。(ボローニャ訪問泊中止、国際フェリー港地区泊の中止、リュブリヤーナ〜ザグレブの輪行化およびローマ〜フィレンツェの輪行化、など)。

−ルート:アドリア海東海岸に重点を置いた計画通りの時計回りコース。右側通行で海風景を堪能。(なおイタリア地中海を重点におけば反時計回りとなる)。

−行程障害:
@輪行:乗込み直前までその可否に悩まされた。鉄道の多くは自転車料金が必要。
…イタリア鉄道:「快速」以下の短距離ならそのまま載せられ問題は無かった。駅構内の掲示時刻表に「自転車マーク」のあるものは専用車両付き。(車両は前か後ろ。真ん中で待って電車入線後、「自転車表示」を確認して構内を走れば良し。自転車チケット[3.5〜5ユーロ]が別途必要になる場合あり。構内の自動販売機で購入可。クレジットカードもOK。)
…イタリアバス:バーリでナポリ行きバスに、トリエステではリュブリヤナ行きバスに乗車拒否された。それが国内標準かもしれない。
…スロベニア:鉄道輪行が原則可能。しかし最近の合理化で廃業・廃線しているケース有り(4/21トリエステ→リュブリヤナ)。バス輪行可だがその便のトランク室環境と運転手気分で可否が変る。
…クロアチア:鉄道輪行は出来た(4/25ザグレブ→スプリト)が、折畳み梱包を要求された。バス不明。
…モンテネグロ:利用無く不明。
…アルバニア:鉄道は廃線化しておりバスが一般的移動手段。都市間に複数社運行してるが時刻表が定まっていない場合が多い。輪行問題なし。道路状態が悪く、トランク室内で暴れること有り要注意。
…ギリシャ:鉄道輪行可。ここも合理化廃線のケースがある。バス輪行OK。
…フェリー(ギリシャ〜イタリア):輪行問題なし。事前申告&特別料金不要。

A崖崩れでの道路遮断(4/27):強行突破して行程日程に支障は生じなかったが、該地(スプリト〜マカルスカ)はいつ何処で発生してもおかしくない地勢。

B「眼の下崖」恐怖:ドブロブニク南部の海岸腺(5/2)。「高所恐怖症」者は要注意。

C天候急変:海岸腺まで高山の迫るアドリア海東岸部ではしばしば悪天候化する。風光随一と評判の高いコトル湾では雨具を通すほどの土砂降りに見舞われ、観光不発となった。(5/3)

D「自動車専用道路」への進入:イタリアで二回(4/18および5/28)。注意しているが、それでも標識を見落としたのか進入してしまった。「有り得る」こととして強力なテールライト、恐怖から逃れるための耳栓の準備に効果があった。

−自転車故障
@パンク:0回。シュワルベタイヤの信頼性が再々度確認された。しかし、原因不明の空気抜けが発生(5/16)。チューブの空気バルブ部に異常があった可能性があり、帰国後も注意観察中。
A後輪リム変形(4/17):走行中の後輪異音で判明。急速な変形の進行で走行継続が危ぶまれたが、付近に自転車屋があり窮地を脱した。
Bサイクルコンピューター発振器脱落(4/11):ミラノ空港に降り、自転車組上げ中、誤って取付金具を破損。スコッチテープ、結束バンドで応急処置したが度々計測不能となる事態発生。(取り付け位置不全)。GPSデータでカバー。

大丸1健康:風邪・下痢ほか、旅立ち前の懸案障害の異常は無く、健康状態を維持出来た。
@左膝「半月板」損傷:「後遺症」発症なし。持参のサポーター、湿布薬の出番なし。
A顎関節症:発生なし。旅立ち前治療が奏功。但し旅終盤で部分入歯破損(6/2)。
B下痢・食あたり等:「飲みすぎ」が原因で軟便となったことがあったがこれは一過性。殆どはミネラルウオーターを常飲。しかし何れの国でも「水道は飲んでも問題なし」と言われ続け、イタリア旅後半では水道主体。
C日焼け:2年前の「イベリア」では日焼け止めクリームを塗ってもひどい日焼けで帰国後、染みや吹き出物を発症。今回はアームカバー、レーパン着用で露出制限した結果、問題化する日焼けとはならなかった。(悪天候も幸い)。

大丸1ワイン:目標は「安いワインを楽しむ旅」。
2年前のイベリア旅では、それまでの「ウィスキーor焼酎」オンリーから「白ワイン」に開眼し、この旅では「赤ワイン」に挑戦することとしていた。結果、「美味しさ」は分からないながらアルコール飲料のひとつとして十分楽しめるようになった。対象は1ユーロ(150〜200円/本)ワイン。

大丸1経費目標:一日経費4,000円以下
…交通費を除外した一日経費(宿泊費+食費等の日常経費)平均は4,200円でややオーバー。
…YH等安宿利用で経費圧縮が図られたものの、一回もキャンプが張れず、その分、宿泊費増となった。

大丸1所持品・語学・通信、等:項を改め、次ページとします。

3)考察と今後の予定
3.1.年齢相応の「妥当な旅計画」だったか?
大丸1二年前の「イベリア旅」と比較すると、
イベリア  今回
稼働率(%)    73   53
平均時速(km/hr) 15   14.4
となり、今回の余裕度のほうが高かったといえます。 しかし「前回より楽だった」という気分はあまり無く、また旅荷物を軽量化した割には時速も稼げておりません。山坂のきつさに加え体力衰えの反映と思われます。
大丸1一言で言えば、「70歳絡みシニアでもそれほど無理のない自転車旅」でしたが、輪行苦労などを総合すると「やや高めのリスク含みの旅」であったものと思います。

3.2.「フトコロ疲労」はどうだったか
大丸1前項「2)目論み…」のごとくなんとか経費目標は達成しました。「ユーロ143円でも長期旅を維持出来た」ということとなりますが、出費は正直、痛いです。今後更に経費節減を図り出来るだけ永くこの「海外自転車旅」を楽しみたい、と思っております。

3.3.そこで次回は
大丸1「期間は一ヶ月、キャンプ地が豊富なところ…安く楽しく安全に…」というイメージで、
『スペイン北部〜フランス中南部〜スイス』
をターゲット地域としようか、と考えております。(また変るかもしれませんが)。
幸いこの辺については以下諸氏のレポートを含め、情報が豊富で事前に確度の高い計画が汲めそうです。
参考レポート(ブログ):
Hackさん(旧名cyclooさん)
ヨッシーバイクさん
ドジ男さん

(次ページ「その他の各項」総括、に続く)
posted by 自転車放浪人ジム at 15:45| Comment(2) | アドリアまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする